賃貸しているスペースの修繕費

修繕費はオーナー負担とは限らない

賃貸してからかかる費用として修繕費には注意が必要です。修繕費とは建物や設備の修理や修繕にかかる費用で、不具合が発生したときに修理した際に負担することになります。マンションやアパートなどで暮らしている場合には、オーナーが所有している建物や設備だから修繕するのはオーナーだと思うかもしれません。確かに設備に不具合があったときなどにはオーナーか管理会社に連絡するように説明を受けている場合がほとんどでしょう。しかし、賃貸しているスペース内で修繕が必要になった場合には、修繕費は借りている人が負担することになるのが基本です。契約内容によっては一部負担で済むこともありますが、全額負担のことが多いのが実情です。

全ての修繕費を負担するわけではない

修繕費の負担があるのはあくまで借りているスペースだけです。部屋の外については修繕費の負担は基本的にはありません。マンションの外壁を修復したり、エントランスの落書きをきれいに落としたりするのにかかった修繕費はオーナーや管理会社が支払います。例外としては落書きをしたのが自分だったというように責任がはっきりとしている場合があります。ただ、故意によるものでない限りはオーナーが修繕費を負担するのが一般的です。賃貸しているスペース以外のところで壊れている設備を見つけたときなどにはオーナーや管理会社に対応してもらいましょう。自分で修繕を業者に依頼してしまうとトラブルになり、修繕費の負担を強いられることもあります。