賃貸物件の管理費や共益費

管理費や共益費は毎月かかる

賃貸物件を借りているときには家賃を毎月払わなければなりませんが、継続的にかかる費用は家賃だけではありません。管理費や共益費も毎月支払う必要がある費用で、通常は家賃と一緒に払うことになります。賃貸物件を選ぶときには家賃の高さを考えて、月収と比較して無理がない範囲にするのが一般的です。しかし、実際には管理費や共益費も毎月支払うため、家賃と合計した金額を考えることが重要になります。管理費や共益費も家賃と同じように物件ごとに決める仕組みになっています。数千円から一万円以上のこともあれば、管理費も共益費もかからない物件もあるので個別に検討することが必要です。家賃が安くても管理費や共益費が高い物件もあるので気をつけましょう。

管理費や共益費は何が違うのか

賃貸物件を借りている間に管理費や共益費の両方を支払うことがあるのかが気になる人もいるでしょう。しかし、一般的には管理費や共益費は一方だけしか請求されません。どちらも賃貸物件を維持するために必要な費用として請求しているからです。賃貸マンションでは管理費がよく用いられている言葉で、エレベーターやエントランスセキュリティのランニングコストが含まれています。廊下などの共有部分の清掃費なども管理費により工面されています。共益費は賃貸アパートのときによく使用されている言葉ですが、本質的には管理費と同じです。アパートの入居者全員にとっての共通の利益になる清掃などのためにかかる費用として位置付けられている費用です。