賃貸契約の仲介手数料

仲介手数料は初期費用として大きい

賃貸住宅の契約をする段階になると初期費用としてさまざまなものが請求されます。その中でも比重が大きいのが仲介手数料です。仲介手数料とは不動産会社に不動産オーナーとの契約のやり取りを仲介してもらったことへの報酬です。不動産会社を利用するとほぼ確実にかかる初期費用で、家賃に基づいて計算される仕組みになっています。仲介手数料は原則としてオーナーと借り手のそれぞれが負担し、合わせて家賃1ヶ月分になるようにします。半分ずつ負担するのが法的には正しいですが、実際には借り手が全額負担するケースが目立っているので注意しましょう。半月分で済ませられると初期費用がかなり安くなるので、不動産会社に交渉してみるのが賢明です。

仲介手数料の減らし方

仲介手数料は不動産会社が利用者に対して請求することが法律で認められています。家賃の一ヶ月分というのは法律によって定められている上限額です。ただ、法律は上限額を定めているだけで、不動産会社は利用者に仲介手数料を請求しなければならないわけではありません。半分ずつが原則ではあるものの、オーナーと借り手のどちらにいくら請求するかを考えるのも自由です。借り手の立場で仲介手数料を少しでも減らすためには、オーナー側に請求するスタンスを取っている不動産会社を利用するのが合理的でしょう。仲介手数料無料で借りられると銘打っている不動産会社もあります。少しでも初期費用を抑えたいなら仲介手数料をゼロにできる会社に相談するのが大切です。