賃貸物件ごとの前払い家賃や敷金礼金

敷金礼金とはそもそも何?

賃貸住宅を借りる時に、必ず目にする「敷金」と「礼金」ですが、これはどのような意味があるのでしょう。敷金は賃貸の契約時に大家に預けておく資金のことを指します。敷金は何もなければ、契約解除の時に全額大家から返済されますが、部屋の毀損などがある場合には、修復費用として利用されることもあります。敷金を全額返してもらいたいのであれば、借りた部屋をできるだけ大切に使うことです。そして礼金は、部屋を貸してくれる大家にお礼として贈る金のことです。その昔、大震災や戦争で賃貸住宅が足りない頃、そのような状況下でも部屋を貸してくれた大家がいます。そのような大家に対するお礼の意味を込めて贈ったことが起源とされています。

敷金礼金のゼロの賃貸住宅もある

しかし、現代では敷金や礼金がゼロの賃貸住宅も増加しています。理由としては賃貸住宅の乱立により、需要よりも供給が上回っていることが原因と考えられます。もしも賃貸住宅を借りる際に、敷金や礼金を支払いたくないのであれば、敷金礼金ゼロ住宅を見つけることです。特に賃貸住宅が必要以上に建てられている地域では、そのような物件を見つけやすくなります。また、敷金に関しては基本的に2か月分のところが多いですが、1か月分で借りることが出来るような物件もあります。礼金に関しては、ゼロの物件を見つけることはかなり簡単かもしれません。アパートマンションの供給過剰により、このような入居者にやさしい賃貸物件は、今後も増加するものと思われます。